病院で診察を | フォルテコールで愛犬を心臓疾患から守ろう!

病院で診察を

「病院で診察を」のピクチャです。

フォルテコールを使用して愛犬を心疾患の恐怖から守ってあげたい……そう思った時には、まずやるべき事があります。
それは、病院に行って愛犬の体重を測定してもらう、と言う事です。
実はフォルテコールは通常のペット用の医薬品のように、ある程度おおまかな体重や犬種によって服用する薬を選び、それを飲ませてハイおしまい……というような簡単な医薬品ではなく、投薬の際には犬の体重を元に、投薬量を決めていかないといけないのです。

フォルテコールは一般的に、犬の体重1kgにつき、0.25㎎分投薬を行って上げる必要がある、と言われています。
なので、もしあなたのペットが体重10kg程度なのであれば、2.5㎎分、20kgなのであれば5.0㎎分を投薬する必要があります。
フォルテコールの中には2.5㎎錠と呼ばれるものが有るので、この種類のものを利用することによって、非常に簡単に投薬量の調節を行いつつ、投薬が出来るので、投薬を行う際にはピルカッターと呼ばれる物を利用したながら投薬量の微調整を行いつつ、使用してあげるようにしましょう。

また、病院によっては医師にフォルテコールを使用するために体重測定をしてあげたい、という風に伝えることによって、一緒に投薬量を考えてくれる病院もあります。
そのような場所を利用することによって、より安全にフォルテコールを使用してあげることができるので、体重測定の際には医師に一言、フォルテコールを使用してあげるために体重を調べたいんです……というふうに伝えてみましょう。